September 2005

September 30, 2005

ビール飲みのみ映画鑑賞



長いこと宿題だった"スターウォーズエピソード3鑑賞"。
上映期間最終日のそれもレイトショーという最後の最後にやっと仕上げたのでした。
しかも「ロビーで買ったもの以外持込不可」という規則をこそこそと破ってビールを持ち込んで。
(ロビーにビールは売っていないのです!)

もう言葉もありません。
大満足です。
これまでのDVDをすべて貸してくれた社長に感謝感謝です。

映画を見るとすぐにその世界にはまってしまいます。
帰りはフォースの加護を得た気がして、道路の真ん中を走っても大丈夫なような・・・
自転車を爆走させてきたのでした。
加護はありました。


moriyamasaeko at 01:01|PermalinkComments(0)

September 29, 2005

ほうれん草としめじのツナ炒め



今日はなんだかんだで珍しくくたびれた一日でした。
料理をする元気もあまり残っていなくて、今宵は超簡単炒めものです。

ほうれん草はざくざくときり、しめじは石づきをとってほぐします。
フライパンにツナ缶の油をいれて、ほうれん草としめじとを炒めます。
最後にツナをいれて、塩、胡椒と醤油で味付けます。
出来上がり。

でも、疲れて帰ってきても近所のスーパーの前を通ると元気になるんです。
スーパーといっても家族経営のお店。
朝早くから夜遅くまで空いていて、そこでお店の人たちとちょっと言葉を交わすだけでほっとするんです。
ここのおばさまには色々美味しい献立を教えてもらってもいます。
今のところには住んで1年ちょっとですが、すっかりお気に入りの地です。


moriyamasaeko at 01:04|PermalinkComments(5)料理 

September 28, 2005

おさつの白和え



名古屋から東京に出てきて、早ウン年、今日初めて東京で唯一の路面電車、都電荒川線に乗りました。
私が習っている和裁の先生のお宅がこの沿線沿いにあるのですが、いつもは地下鉄で通っていたのです。
うわぁこののどかな感じ、懐かしい!
「チンチン」となるレトロな電車にすっかり嬉しくなってしまって、今日は一日幸せ気分、お酒も一段と美味しいです。
旬のさつまいもを使ったこのちょっとかわった白和え、冷酒にぴったりです。

サツマイモは輪切りにして、水、昆布、醤油、みりんを入れた鍋で煮ます。
豆腐は重しをして水気をよくきります。
すり鉢に胡麻、くずした豆腐、醤油、砂糖少々をいれて和え衣を作ります。
サツマイモと和えて出来上がり。


路面電車は子どものころ、祖母の住んでいた京都でも乗ったことがあります。
最近、路面電車を見直そうという動きがありますが、こんな素敵な乗り物、ぜひとも復活させてほしいです。3a35e0af.jpg



moriyamasaeko at 01:05|PermalinkComments(0)料理 

September 27, 2005

納豆と葱とオクラの味噌炒め



葱は日持ちしそうでしない野菜です。
置いておくと緑の部分は茶色くなってしまうし、白い部分も水分がぬけてきてしまいます。
刻んで冷凍、なんて手もあるみたいですけどやっぱり新鮮なものが食べたいもの。
一度に使える料理はないかしら、と思いついたのがこの料理です。

葱とオクラは小口切りにします。
フライパンに油を熱して、葱、続いてオクラをいれて炒めます。
弱火炒めて水分を飛ばしたら強火にして、納豆を入れます。
味噌をみりんで溶いたもので味付けて出来上がり。

今日はこれで葱2本使いました。
和風の食材ですが、これに生姜やニンニクをいれるとエスニックな感じにもなりそうです。
うどんなどの麺類にかけてジャージャー麺風にしても美味しそう。
もちろん、お酒にはぴったりです。


moriyamasaeko at 21:00|PermalinkComments(0)料理 

September 26, 2005

おさつとレーズンのマヨサラダ



今日はとーっても日本酒が飲みたい気分。
帰ってきてまず一杯と、くーっといきました。
はぁ幸せ。
それなのに酒肴はこんな洋風なもの。
でも意外や意外、さつまいもとレーズンの甘味が日本酒によくあうんです。

さつまいもは輪切りにして茹でて、ざるにとって塩をふります。
ボールにさつまいもとレーズンとを入れ、マヨネーズで和えます。
出来上がり。

お酒を飲むときは必ず湯呑みかそば猪口です。
「鬼平犯科帳」で"おまさ"ら密偵が駆け込んでくると、まず一杯、と鬼平が湯呑みになみなみと注いだ酒を出すというあの情景に惹かれ、それ以来です。
ぐい飲みではあっという間になくなってしまいますし。
ちなみに今日は赤絵のそば猪口です。


moriyamasaeko at 21:01|PermalinkComments(6)料理