November 2004

November 30, 2004

ほうれん草のユズおひたし



寒くなるとほうれん草が甘く美味しくなります。ほうれん草の一番甘くておいしいところって根っこのところなんですよね。人には出さないけど自分のお皿にはいつも根っこが入っています。

ほうれん草はゆでて冷水にとり、絞ってから切ります。
ボールにいれて、柚子の絞り汁と柚子の皮を切ったもの、醤油、それから梅酢をいれて和えます。
器にもって出来上がり。

実はこれにも見えないところに根っこが入っています。
いただきまーす。


moriyamasaeko at 22:13|PermalinkComments(0)料理 

November 29, 2004

煮込み



家の近所の焼き鳥やで呑みでした。
壁に「煮込み」とあったので、ちょっと期待して注文したのですがやっぱり関東版でした。(想像してたのは、牛すじを八丁味噌であまからーく煮込んだもの=どて)
でも辛くてこれはこれでおいしかったです。

学生時代に、この”どて”をよく食べました。
ちっちゃくて全然きれいじゃないお店なんですけど、「どて」と「えいひれ」が強烈に印象に残っています。
名古屋の八事の「みゆき」でしたっけ、あそこも「どて」が有名です。
う~久々に食べたい。


moriyamasaeko at 22:12|PermalinkComments(7)外ゴハン 

November 28, 2004

水菜と椎茸の胡麻だれサラ



午後に買い物がてら新宿御苑を散歩してきました。もう閉園間近だったので入らずに外の散歩道を歩いただけですが、気持ちよかったです。
とっても綺麗な銀杏の黄色から、南瓜を使った料理がひらめきました。でも、家に帰ってから水菜があることに気がつき、あしのはやいこちらを先に使うことになりました。

水菜は洗って適当なざく切りにし、水気をきっておきます。
生椎茸は細くきって、フライパンで焼きます。
竹輪は輪切りにします。
胡麻だれは、胡麻をすり鉢でよーくすり、そこに味噌、みりん、醤油、酢をいれて味付けします(今日はさらに隠し味に梅干をたたいたもの、赤梅酢、スダチの絞り汁もいれました)。
ボールに水菜、焼いた椎茸、竹輪をいれ、そこに胡麻だれをいれて混ぜます。
お皿にもってできあがり。

胡麻だれはたくさんつくっておけばこれまたいろいろな料理に使えて便利です。
冷奴にかけてもおいしいですけど、今は寒いから湯豆腐のほうがいいかな。


moriyamasaeko at 22:16|PermalinkComments(0)料理 

November 27, 2004

わかめのピリ辛ツナサラダ



今日の夕方5時くらいのお月さんご覧になった方いらっしゃいますか。東の空にぽっかりと妖しいぐらいに綺麗な満月でした。
これとは全然関係ないけど、わかめサラダです。

ワカメは戻して適当な大きさに切ります。
葱は千切りにします。
ボールにワカメ、ツナ(油ごと)、葱をいれ、そこに一味唐辛子、醤油、酢又はスダチなど柑橘をいれ混ぜます。
しばらくおいて味をしみこませてできあがり。

大量に作って冷蔵庫にいれておきます。
作ったその日に食べるのもおいしいけど、2,3日おいたのもとてもおいしいです。


moriyamasaeko at 22:15|PermalinkComments(0)料理 

November 26, 2004

焼き大根



夜になってすごい風です。やっと冬らしくなるのかな。
煮ても焼いても美味しい大根。今日は先日作った大根葉味噌を使った簡単料理です。

大根は8ミリぐらいの厚さに切ります。
フライパンで弱火でじっくり焼きます。
火がとおったら味噌をかけてできあがり。
醤油でもおいしいです。

来年4月に永田町の国立劇場で三味線の大きな発表会があります。
私も"大勢で弾く一人"として出られるものと思っていたら(門下生全員で弾く一番があるのです)、今日のお稽古で先生に「(一人の舞台で)出ていいよ」と言われました。
嬉しい!反面、わぁどうしよう!
三味線は替え手や、唄や鳴り物があるので、踊りとは違って舞台には全く一人で出るのではないのですが、間違えたら余計音が目立ちます。
これから半年弱、お稽古お稽古です。でもとっても楽しみ


moriyamasaeko at 22:20|PermalinkComments(0)料理