アキレス腱を切りました

August 26, 2018

入院備忘録その1

IMG_3032
アキレス腱を治すには自然にくっつくのを待つ保存療法と手術とあるそうですが、強く繋がるのは後者とのことで迷わず後者を選びました。
そこから大きな病院へ向かいあっという間に入院、手術となりました。
初めての入院、車椅子、松葉杖などいろいろなことを体験でき、大変ですけどいろんなことを知りました。
以外備忘録。

緊急入院…ドラマなんかで聞くけれど、あるんですね。私が午前中に病院にかかり、その場で「じゃあ今日手術ね」とまさにそれ。でも何も用意していなかったので「家に帰りたい」と頼み、「じゃあ2時までに帰ってきてね」ということでとりあえず揃えて再び病院に戻りました。でもすぐに手術してもらえたのが本当に助かりました。

手術…手術室にはずっと音楽がかかってました(歌手で私より若い世代だと分かる)。下半身だけの麻酔だったので、頭はハッキリ(途中寝てしまいましたが)。医者や看護師さんたちはいろいろお喋りしながら手術してました。アキレス腱は簡単な手術の部類でしょうし、かえってシーンとしているより気楽でよかったです。

手術後…これまたドラマで見る光景ですが、手術後運ばれるのは病室のベッドなんですね。手術台からベッドにヨイショと移し替えられ、そのまま病室にガラガラ運ばれます。よくできてるーと感心しました。

病院スタッフ…医師と看護師だけじゃなくて本当にたくさんいます。手術前のレントゲンや血液検査であちこち車椅子で運んでくれたのは、看護助手さんでした。お掃除する人、病院食作る人、リハビリ担当の人、空いたベッドを移動している人など本当たくさん。こんなにたくさんの人に助けてもらってるんだなーと有り難さを感じました。

病院食…覚悟していましたが意外に美味しかった!でも栄養と味はいいけれど、器はプラスチックだし、盛り付けとかは二の次。やっぱり食事は見た目も大事、と改めて思いました。
あと1日3食は多すぎて、途中から昼食は抜いてもらいました。



moriyamasaeko at 07:25│Comments(0)雑記 | アキレス腱

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アキレス腱を切りました