April 11, 2018

新緑のころ

IMG_2295









お天気がよかったのでフラフラ散歩に出かけました。
こちらは新宿西口。
この辺りは道路も緑が多くて気持ちがいいです。
今年は季節が早くてもう新緑真っ盛り。

IMG_2296









ついでに都庁も撮ってみました。
丹下健三さん設計の。
この都庁を見るといつもすごいねえと感心するとともに、どうだーという感じがしてるのであんまり私の好みでないんです。
もっと風景に溶け込んだ建物が好きです。

それをとても感じたのは愛媛にある日土小学校。
DSC01688










でもこれはきっと”どうだー”系なのに街に溶け込んでました。
サグラダファミリア。
遠くからみてワクワクする、不思議な建物。
DSC00334









なんでかなあ。
素人だけど建築って面白い。今月もいろいみてきます。



moriyamasaeko at 01:40|PermalinkComments(0)散歩 

March 06, 2018

蟄虫啓戸

IMG_2233
今日は啓蟄。
昨日一昨日と比べて気温は下がったけれど、でも昼間は春を感じる陽射しでした。
今年の冬は寒かったせいか、春が来るのが一段と嬉しいです。

でもその分辛いのが花粉症。幸い近年はちょっとムズムズするくらいでメガネもマスクもいらないのですが、酷かったときはもう目も鼻も全部取り出して洗いたい!というぐらい。
こういうとき、西洋医学ではメガネしてマスクして外出も控えて、と防御の構えですが、東洋医学は異なるそうです。
東洋医学では、花粉症は気温が上がってきたこの時期に身体が対応できなくて過剰反応してしまっている状態。だから積極的に外に出て身体を動かして、体温を上げ、身体を順応させていくという考え方だそうです。
確かに花粉症が現代病と言われるのもそうかもしれません。

というわけで、私も「すごもりむし、とをひらく」。せっせと動きまわるぞー。


moriyamasaeko at 23:10|PermalinkComments(0)雑記 

February 26, 2018

映画  ローズの秘密の頁

IMG_2200
映画っていったん観ると、そこに置いてあるチラシや予告編が気になって立て続けに見てしまいます。
これも以前ドリスヴァンノッテンを見たとき気になった映画。
舞台はアイルランドだし、以前「キャロル」という映画の主役をしたルーニー マーラがまた主役だし、というわけで見に行ってきました。彼女はアイルランド系アメリカ人だそうです。

舞台は第2次世界大戦中のアイルランド。
閉鎖的な小さな村の中で愛に生きた女性のお話。カソリックとプロテスタントの対立も描かれていてアイルランドの複雑さが映し出されています。
そう、映画の中で結婚式の場面があるのですが、そちらはプロテスタントなのでとっても自由な雰囲気。牧師さんもフレンドリー。
一方、現実にアイルランドにはプロテスタントのクロムウェルに破壊されたカソリック教会がたくさんあります。
宗教のことはさっぱり分からないけど、いろいろあるんだろうなあ。

派手さはないけど、こういう心のひだに寄り添うような映画大好きです。
いいな、アイルランドもまた行きたくなりました。

FullSizeRender

FullSizeRender



moriyamasaeko at 23:26|PermalinkComments(0)雑記